読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うやぞうの見つけたおすすめ逸品ブログ

うやぞうのオススメ(家電、カメラ、旅、書籍、デザインなど)を紹介しています。

北国育ちだけど寒さに強いわけではない。けど真冬にアイスは好き。

その他

今週のお題「さむい」

f:id:uya0922:20150128223257j:plain

 

北国育ちだからと言って、寒さには強いわけではない。でも、感覚はおかしいかもしれない。

 

 

1.

ボクは毎年-20℃になる地域の育ちなのですが、寒いの嫌い、雪かき大嫌い、毎年寒冷じんましんが出て嫌になる、、、冬が嫌いなのです。外に出たくない。

でも、真冬に暖かい部屋でアイスを食べるのが至福の時間です。

 

2.

現在都内に住んでいますが、都内は雪が降らないので、冬だな・・・って感じがまったくしません。なのに、風が冷たく寒いので、なんなんだよーって感じで、すごいモヤモヤします

 

3.

今はそんなことありませんが(多分)、-10℃の前日から、+3℃くらいまで気温が上がると、すごい暖かかく感じ、半袖の上にパーカー1枚だけでも大丈夫な気になります。

昔、12月に札幌から来た人と都内で飲んだ時に、新宿集合だったのですが、周りの人たちはダウンを着て防寒万全だったのに、札幌の人は半袖1枚で暑い暑いと言って登場したのは驚きました。究極に感覚がおかしいとこうなるようです。

 

4.

ところで、どんなに寒くても犬などは普通に雪上を散歩していますが、動物ってどう感じているのでしょうかね?

犬用の服を着ているのをみたりしますが、自分で体温調節できるのかな?服を着せて大丈夫なのかな?って思ったりします。

昔、北国の真冬の凍った道で犬の散歩している人と立ち話していた時、ふと犬を見ると足が3本しかなくて、4本目の足を探していたら、寒くて後ろ足を1本隠して立っていたのを見たことがあります。(立ち止まっていると冷たいので1本隠していただけだったのかも)

それでも散歩に行きたいんだから、動物の適用能力ってすごいなぁと思います。

 

この北国の感覚わかりますか?

 

 

あわせて読みたい